スマートフォン

Xperia 1 II 発売日・予約日はいつ?スペック・機能・価格をレビュー!

2020年2月24日にビデオストリーミングで発表されたソニーのXperia 1 II

 

日本でも春からサービス開始が予定されている5G(第5世代移動通信)に対応したスマホとして注目を集めています。

従来の4G/LTEと比較して、約10倍のデータ通信が可能とされる5Gをいち早く手に入れたいと買い替えを検討している人も多いのではないでしょうか?(参考記事:5Gとは?通信速度がヤバイ!)

 

現在発表されている情報をもとにXperia 1 IIのスペックや機能、価格についてレビューを行っていきます。

予約日・発売日にも触れていきますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

Xperia 1 IIが遂に発表!日本での発売日・予約日はいつ?

まずは、大手キャリアの5Gのサービス開始予定を確認しましょう。

Docomo:2020年春以降
au:2020年3月頃
Softbank:2020年3月頃

大手キャリアは、5Gのサービス開始を3月頃に予定しているようです。

 

5Gに対応するXperia 1 IIですので、5Gサービス開始に合わせて5月頃の発売すると考えられます。

このことからXperia 1 IIの発売スケジュールは次のように予想されています。

 

発表 4月下旬
予約開始日 4月下旬
発売日 5月下旬

 

前モデルであるXperia 1のスケジュールが同じようなスケジュールでした。

 

  • 発表:2019年5月10日
  • 予約開始:2019年5月14日(au14日、Docomo16日、Softbank17日)
  • 発売:2019年6月14日

 

上記のようになっていましたが、注目を集めている5Gに対応しているということで、5Gのサービス開始から期間を開けないように前倒しされるのではないかと予想されているのです。

今後も各キャリアの動向から目が離せませんね。

Xperia 1 IIのデザインや大きさ

Xperia 1 IIのデザインや大きさ

普段から持ち歩く生活必需品と化しているスマホですので、デザインも当然気になります。

ここではXperia 1 IIのデザインについて確認をしていきましょう。

 

発表されているXperia 1 IIのデザインを見ると、Xperia 1から一番変化しているのはメインカメラの位置でしょう。

 

Xperia 1 II

Xperia 1 II

Xperia 1

Xperia 1

 

Xperia 1では中央に配置されていましたが、Xperia 1 IIでは左上に配置されています。

 

その他「イヤホンジャックが復活」している点なども違いと言えるでしょう。

 

  Xperia 1 II Xperia 1
高さ 166㎜ 167㎜
72㎜ 72㎜
厚さ 7.9㎜ 8.2㎜
重量 約181g 約178g
ディスプレイ 約6.5インチ 約6.5インチ

サイズや重さはほとんど変わらないので誤差レベルかとは思います。

画面サイズも変わりないですね。

Xperia 1 IIの機能

Xperia 1 IIでは、事前に予想されていた通り、様々な新機能が搭載されてます。

主な新機能は次のようなものがあります。

Motion Blur reductionによる疑似90Hz表示

Motion Blur reductionによる疑似90Hz表示

Motion Blur reductionとは、ゲーム用のモニターに利用されることの多い技術で、端的に言えば「残像を抑える仕組み」です。

これにより、省電力性が高まり、かつ滑らかな画面表示が可能になるのです。

音響面の性能向上

音響面の性能向上

Xperia 1 IIは音響面においても力を入れています。

先に紹介した、「イヤホンジャックの復活」もその現れと言えるでしょう。

 

Xperia 1 IIには、従来搭載されていた「DSEE HX」の進化版である「DSEE Ultimate」を搭載しています。

これは、スマホ用に圧縮された音源をハイレゾ音源にする機能で、ウォークマンやヘッドホンなど音質にこだわりがあるソニーならではの機能であると言えるでしょう。

カメラ機能の向上

画素数などに変化は見られませんが「ToFセンサー」や「IMX555センサー」を搭載することで、機能が向上しています。

 

ToFセンサーは光の反射速度によって対象物との距離を測定する装置であり、搭載することでオートフォーカスなどの機能が高速かつ正確になります。

 

また、IMX555センサーを搭載することで夜景のような暗い場所での撮影性能も向上しているのです。

 

その他にも、1秒間に20コマの高速連写ができるなどプロの一眼レフ並みの性能も搭載しています。

ゲーム性能の向上

こちらもPlayStationなどエンターテイメントを大切にするソニーならではの機能です。

まず、デュアルショック4にワイヤレス接続可能が可能になったというのは、ゲーム好きにとって非常に嬉しい機能ではないでしょうか。

 

また、ゲーム時に気になるバッテリーの消耗ですが、こちらも

  • バランス
  • 省電力
  • パフォーマンス

が選べるようになりました。

 

これにより、自宅のようなバッテリーを気にしなくても良い場所では「パフォーマンス」、出先や移動中などでは「省電力」といった使い分けができるようになり、非常に便利なのです。

 

これらの機能に加え、スペックも従来のXperia 1よりも大幅に向上しており、特にRAM容量は6GBから8GB、ストレージについても64GBから256GBへと変わっています。

Xperia 1 IIの価格

Xperia 1 IIの価格

新機能の搭載や大幅なスペックの向上で魅力的なXperia 1 IIですが、価格の方はどうでしょうか。

参考までにXperia 1の発売当初の価格を確認してみましょう。

 

Docomo ¥103,032-
au ¥112,320-
SoftBank ¥136,320-

 

性能の向上に加えて、5Gに対応するということで価格も若干の値上がりが予想されており、10万〜14万円くらいではないかと言われています。

あらためて価格を見ると、近年のスマホはパソコンよりも高くなった時代であることを実感させられますね。

Xperia 1 IIの評判や口コミをレビュー

早速、皆さんの評判や口コミをみていきます。

まず、カラーについて評判が良いです。

確かにXperia 1 IIは品があるカラーバリエーションですね。

Xperia 1 IIはソニーから出ているだけありますね。

ミラーレスを使っている人も使いやすいスマートフォンということが分かります。

 

Xperia 1 IIは全体的に評価が高いです。

5G対応端末という点も評価されているポイント。

 

デメリットとしては価格が高い点でしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したように、スペックが大幅に向上し新機能が搭載されるXperia 1 IIは、5Gへの対応を除いても魅力的な機種に仕上がっていると言えます。

 

今後も各社から5G対応の新機種が続々発売されますので、お気に入りの機種を見付け、5Gの波に乗り遅れないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-スマートフォン
-

© 2020 ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】