iPhone

新型iPhone 12の日本発売日・発表はいつ?予約開始日をキャリア別に紹介!

日本時間の2020年9月16(水)AM2:00(現地時間2020/9/15 AM10:00)からAppleのイベントが開催されます。

Apple2020 イベント発表会は9月16日!iPhone 12発売?日本時間はAM2:00からライブ中継はコチラ!
Apple2020 イベント発表会は9月16日!iPhone 12発売?日本時間はAM2:00からライブ中継はコチラ!

続きを見る

ガジェ男
そこで新型iPhone 12の発表がされると噂されています!

果たして本当に発表されるのか?

また日本での予約開始日や発売日をキャリア別(Docomo・au・SoftBank)で紹介します。

ガジェ男
お得情報も紹介しますので最後までご覧ください。

新型iPhone 12は本当に2020年9月16日(水)AM2:00に発表されるのか?

新型iPhone12は本当に2020年9月16日(水)AM2:00に発表されるのか?

まず気になるのが、新型iPhone 12が本当に2020年9月16日(水)AM2:00に発表されるのか?

ガジェ男
リーク情報を含めて判断すると発売されない可能性が高いと考えています。

なぜ、新型iPhone 12が発売しないのかと思っているのには3点理由があります。

  1. 新型iPhone 12リーク情報に発売延期などの理由がある

  2. Apple公式発表でiPhone供給が遅れると明言

  3. 毎年の発売タイミングと違う

では詳しく紹介します。

新型iPhone 12リーク情報に発売延期などの理由がある

まず新型iPhone 12の発売情報には様々な情報が飛び回っています。

ガジェ男
全体的なリーク情報をまとめると発売延期が濃厚です。

Evan Blass氏という経験豊富な記者がTwitterで『5Gに対応したiPhone 12の事前予約受付が10月20日23:59まで』というメールを受けっています。

https://twitter.com/evleaks/status/1303611817319690245

このことからいつもより後に発表されると考えられています。

また、BloombergのMark Gurman氏も『AppleはiPhoneを10月まで発表しないと言われています。これはおそらくiPadとApple Watch向けです。』とツイートしています。

このことから考えると新型iPhone 12の発表は10月になるのではないかと言われております。

Apple公式発表でiPhone供給が遅れると明言

ガジェ男
そもそもAppleの公式発表で新型iPhoneの供給が遅れると明言しています。

Apple社のCFO(最高財務責任者)ルカ・マエストリ氏が

知っている通り、去年は9月下旬に新型iPhoneの販売を開始しました。

今年は、9月の数週間後に供給できるようになるでしょう。

つまり例年より遅れることがほぼ確定しています。

基本的にはよほどのことがない限り生産が遅れることを明言することはありません。

毎年の発売タイミングと違う

新型iPhone 12が今年中に発売すると噂されていますが、そもそもフルモデルチェンジ(iPhone XからiPhone11のように大きく変わること)は2年周期で仕様変更しております。

そのための次回はマイナーモデルチェンジ(iPhone11からiPhone11sのように中身だけ変わること)があるのではと予想ができます。

今までの発売発表と発売日

  発表 発売日
iPhone3G 2008/6/9 2008/7/11
iPhone3GS 2009/6/9 2009/6/26
iPhone4 2010/6/7 2010/6/24
iPhone4s 2011/10/5 2011/10/14
iPhone5 2012/9/12 2012/9/21
iPhone5s 2013/9/10 2013/9/20
iPhone6 2014/9/10 2014/9/19
iPhone6s 2015/9/9 2015/9/25
iPhone7 2016/9/7 2016/9/16
  発表 発売日
iPhone8 2017/9/12 2017/9/22
iPhone X 2017/9/12 2017/11/3
iPhone XS 2018/9/13(木)
AM2:00
2018/9/21(金)
10:00〜
iPhone XI
(iPhone11)
2019/9/11(水)
AM2:00
2019/9/20(金)
10:00

このことからも分かる通り、iPhone 11sとなる可能性も十分にあります。

ガジェ男
この3つの理由から新型iPhone 12の発表と発売日は遅れると考えています。

新型iPhone 12の発売日を待てる?待てないならiPhone11がオススメ

ガジェ男
先ほど話していた通り新型iPhone 12の発売日はまだ先になる可能性があります。

もし新型iPhone 12発表されない、延期されると確定した場合

  • 新型iPhone 12が発売されるまで待つか
  • すでに発売しているiPhoneを買うか
  • iPhone以外のスマートフォンを買うか

という選択になります。

新型iPhone 12の発売日は早くても10月末、例年通りで行けば2021年9月ごろとなります。

10月末であれば待てる人もいると思いますが、例年通りであれば変えたい人も多いはず。

現在使っているスマートフォンが使えないくらい壊れていなければ『とりあえず10月末まで待っていみる』という選択肢はありだと思います。

ガジェ男
もし、すぐにでも買えたいという人はiPhone11がオススメです!

iPhone11は

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

があります。

基本的なスペックは同じで、カメラの数やディスプレイサイズが異なるくらいです。

ガジェ男
iPhone 11のコスパが最強なので、個人的にはiPhone11 Pro・Pro Maxはオススメしません。

お金に余裕がある人はもちろんiPhone11 Pro・Pro Maxが一番良いと思います。

【オンラインショップ限定】
事務手数料・頭金無料!

 

新型iPhone 12の発表日・予約開始日・発売日を予想!キャリア別(Docomo・au・SoftBank)にも紹介

総合的に考えると新型iPhone 12の発表・予約開始日・発売日は以下のようになると思います。

Apple

発表 予約開始日 発売日
2021/9/15(水)
AM2:00〜
2021/9/17(金)
21:00〜
2019/9/24(金)
21:00〜

キャリア別

  発表 予約開始日 発売日
Docomo 2021/9/15(水)
AM2:00〜
2021/9/17(金)
21:00〜
2019/9/24(金)
21:00〜
au 2021/9/15(水)
AM2:00〜
2021/9/17(金)
21:00〜
2019/9/24(金)
21:00〜
SoftBank 2021/9/15(水)
AM2:00〜
2021/9/17(金)
21:00〜
2019/9/24(金)
21:00〜
ガジェ男
楽天モバイルで発売されるか気になっている人も多いと思いますが、現在iPhone自体の取り扱いがないためiPhone 12を取り扱う可能性は限りなく低いでしょう。

発売までまだまだ先ですが、あくまでもリーク情報を参考にした発売予定です。

これより前倒しして発売する可能性も充分考えられます。

また、新型iPhone 12ではなく『iPhone 11s』が発売する可能性も充分ありえますので、予約方法を必ず予習しておきましょう。

【オンラインショップ限定】
事務手数料・頭金無料!

 

新型iPhone 12のデザイン・カラー展開・サイズの予想

まずは新型iPhone 12のデザイン、カラー展開・サイズについて。

その前に新型iPhone 12も4つのモデルが発売されると予想されています。

エントリーモデル(通常モデル)

  • iPhone 12 mini(5.4インチ)
  • iPhone 12(6.1インチ)

ハイエンドモデル(高級モデル)

  • iPhone 12 Pro(6.1インチ)
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)

では詳しく紹介していきますね。

デザイン

ガジェ男
デザインについては基本的にはどの新型iPhone12も変わりません。ただしカメラの数が異なるのでその部分でデザインが変わります。

新型iPhone12デザイン

  • iPhone 12 mini(5.4インチ)
  • iPhone 12(6.1インチ)

はカメラが2つ。

  • iPhone 12 Pro(6.1インチ)
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)

はカメラが3つです。

見た目のデザインが変わってきます。

中には3つ以上ものが集まると気になる『集合恐怖症』の方もいるかもしれません。

今回は新型iPhone 12は最近の丸いデザインとは異なり『角ばったデザイン』になると噂されています。

iphone12デザイン角ばった

前よりスタイリッシュな形になりそうですが、大きくは変更はなっさそうです。

ノッチというフロントカメラのデザインはそのまま。

これは少し残念ですね。

カラー展開

新型iPhone 12 mini(5.4インチ)、12(6.1インチ)のカラー展開は6色展開。

  • ライトブルー
  • パープル
  • ライトオレンジ
  • ホワイト
  • ブラック
  • (PRODUCT)RED

iPhone12カラー展開

Svetapple.sk マックス・ワインバック氏のリーク情報で判明しています。

iPhone 12 Pro(6.1インチ)、iPhone 12 Pro Max(6.7インチ)のカラーは4色展開。

  • ネイビーブルー
  • ゴールド
  • シルバー
  • スペースグレイ

ネイビーブルーが新色で仲間入りをしているため、最注目ではないでしょうか?

サイズ比較

新型iPhone 12はディプレイサイズが違うため大きさも異なってきます。

  iPhone 12
mini
iPhone 12 iPhone 12
Pro
iPhone 12
Pro Max
高さ 138.4㎜ 150.9㎜ 150.9㎜ 158.0㎜
67.3㎜ 75.7㎜ 75.7㎜ 77.8㎜
厚さ 7.3㎜ 8.3㎜ 8.1㎜ 8.1㎜
重さ 160g 202g 212g 232g
ディスプレイ 5.4インチ 6.1インチ 6.1インチ 6.7インチ

大きさは

iPhone 12 mini < iPhone 12 = iPhone 12 Pro < iPhone 12 Pro Max

の順で大きくなっています。

iPhone 12 mini < iPhone 12 = iPhone 12 Pro < iPhone 12 Pro Max

ガジェ男
大きさはiPhone 11と比べて、同じと考えて良いでしょう。

大きさによってスマホの操作性がかなり変わってきます。

ガジェ男
片手で操作したい人はiPhone 12、iPhone 12 Proがギリギリ片手で操作できる大きさでしょう。

女性だとiPhone 12、iPhone 12 Proの片手操作は難しいかもしれません。

重さは

iPhone 12 mini < iPhone 12 < iPhone 12 Pro < iPhone 12 Pro Max

となっており、年々少しずつ重くなっています。

結構、ずっしりした感触があると思います。

ディスプレイサイズもかなり変わってきます。

新型iPhone12ディスプレイ比較

選ぶ時にも大きく影響するでしょう。

新型iPhone 12のスペック・機能の予想

続いて新型iPhone 12のスペックと機能について。

スペック

  iPhone 12
mini
iPhone 12 iPhone 12
Pro
iPhone 12
Pro Max
CPU A14 Bionic A14 Bionic A14 Bionic A14 Bionic
メモリ 4GB 4GB 6GB 6GB
容量 64GB
128GB
256GB
64GB
128GB
256GB
64GB
256GB
512GB
64GB
256GB
512GB
メインカメラ デュアル6,400万画素カメラ(超広角と広角) デュアル6,400万画素カメラ(超広角と広角) トリプル6,400万画素カメラ(超広角、広角、望遠)+LiDAR トリプル6,400万画素カメラ(超広角、広角、望遠)+LiDAR
フロントカメラ 1200万画素 1200万画素 1200万画素 1200万画素
ディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ Liquid Retina HDディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ Super Retina XDRディスプレイ
防水防塵 水深2メートルで最大30分間の耐水性能 水深2メートルで最大30分間の耐水性能 水深4メートルで最大30分間の耐水性能 水深4メートルで最大30分間の耐水性能
バッテリー 2,227mAh 2,775mAh 2,775mAh 3,687mAh
5G対応 Sub-6GHz
mmWave
Sub-6GHz
mmWave
Sub-6GHz
mmWave
Sub-6GHz
mmWave

特徴的なスペックの部分をまとめています。

ガジェ男
スペックだけ見てもピンと来ない人も多いと思いますのでより詳しく紹介しますね!

機能

ではスペックから機能を詳しく紹介していきます。

CPUはA14 Bionicへ

CPUとはコンピュータの頭脳に当たる部分。

ガジェ男
CPUのスペックが高ければ高いほどできることが増えます!

基本的にiPhone自体のCPUのスペックは高いですが、今回もA14 BionicとさらにCPUがバージョンアップすること間違いありません。

5G到来により、できることが増える分、それなりの処理能力も必要になります。

ガジェ男
5Gを利用したい人は新型iPhone 12にして置いた方がいいでしょう!

メモリアップでさらにハイスペックに

メモリは多ければ多いほど、同時にアプリを動かすことが可能です。

例えば、動画を見ながらメールを打ったりなど。

現在のiPhoneでは特にメモリが増えても同時並行でやることは特別ないので問題ないと思いますが、今後5G導入によりメモリが必要になってくると思います。

ガジェ男
ハイエンドモデルの『iPhone 12 Pro』、『iPhone 12 Pro Max』ではエントリーモデルの1.5倍のメモリの導入予定です。

カメラのレベルが神クラスに

ハイエンドモデル『iPhone 12 Pro』、『iPhone 12 Pro Max』のカメラ数は3つ。

エントリーモデルの『iPhone 12 mini』、『iPhone 12』は2つです。

数は前モデルのiPhone 11と変わりありませんが、画素数が驚くほど変わります。

ガジェ男
なんと6,400万画素になると噂されています!

なんとiPhone 11に比べて5倍以上のスペックです。

画素数が増えることで望遠をより綺麗に、超広角もより綺麗に撮影可能になります。

さらに全カメラにナイトモードが搭載される予定となっておりますので、夜でも綺麗に写せます。

また、新しい機能としてハイエンドモデルにLiDARが搭載されます。

ガジェ男
LiDARは物体の把握をより正確にしてくれるもので、ポートレートや夜間での撮影をより美しく撮影してくれる機能です。

ディスプレイは120Hzを搭載しない可能性大

ディスプレイは今の所大きく変わりはないかと思われます。

そしてリフレッシュレートについて『120Hzのディスプレイになるかも』という噂がありましたが、今の所その可能性も少なくなりました。

ガジェ男
リフレッシュレートは高くなればなるほど、動画や映像がより滑らかに動きます。

特にアクションゲーム等する方は、映像が滑らかに動くことはとても大切です。

5G対応で高速通信も可能に

新型iPhone 12は5Gに対応した高速通信が可能になります。

つまり、5Gでできることが増えるということ。

ガジェ男
ただし、まだ電波の準備や5Gを使ったコンテンツ等が充実していないのも事実です。

あるに越したことはないですが、実用されるまでもうしばらく時間がかかるでしょう。

ついに指紋認証搭載か

最近ではマスクを利用しているiPhoneユーザーも多いと思います。

マスクをしていることでFace IDが働かず、わざわざマスクを外すかパスワードを入力する必要があります。

ガジェ男
正直、これは難点と言わざるを得ません。

今まで指紋認証がある端末もありますが

  • Face ID(顔認証)があれば指紋認証なし
  • 指紋認証があればFace IDなし

とどちらも一長一短あります。

ガジェ男
むしろ今のマスク必須の時代からするとFace ID(顔認証)より指紋認証が大切です。

実は2019年12月に「ディスプレイ内にTouch ID(指紋認証)を埋め込む技術に関連する特許」を取得しています。

つまり、実用化される可能性はとても高いです。

最高クラスの防水機能

ガジェ男
現行のiPhone 11でも最高クラスの防水機能を搭載しています。(正確には耐水)

現行のiPhone 11でも充分な防水性能なため、これからさらに新型iPhone 12が進化するのかがポイント。

仮に進化しても誤差レベルだと思います。

ガジェ男
以上のことからiPhone 12は間違いなく過去最高スペックになることは間違いありません!

新型iPhone 12の価格

いくら新型iPhone 12の機能が良いからと言って、価格が高ければ購入に躊躇してしまいます。

新型iPhone 12も

  • エントリーモデル
  • ハイエンドモデル

がありますので価格帯もかなり変わってくると思います。

また、搭載容量によっても価格が変わってくるので、先に検討iPhoneを絞っておくべきです。

Apple Store

Apple
Store
iPhone 12
mini
iPhone 12 iPhone 12
Pro
iPhone 12
Pro Max
64GB ¥64,800 ¥74,800 - -
128GB ¥79,800 ¥79,800 ¥106,800 ¥119,800
256GB ¥80,800 ¥90,800 ¥122,800 ¥135,800
512GB - - ¥144,800 ¥157,800

iPhone 12 mini(実質負担額)

iPhone 12
mini
Docomo au SoftBank
64GB ¥58,608 ¥42,685 ¥48,240
128GB ¥63,888 ¥45,100 ¥51,480
256GB ¥73,392 ¥52,805 ¥58,320

iPhone 12(実質負担額)

iPhone 12 Docomo au SoftBank
64GB ¥67,584 ¥49,930 ¥55,440
128GB ¥72,864 ¥52,000 ¥58,320
256GB ¥82,368 ¥59,935 ¥65,520

iPhone 12 Pro(実質負担額)

iPhone 12
Pro
Docomo au SoftBank
128GB ¥86,064 ¥62,235 ¥68,760
256GB ¥95,040 ¥69,250 ¥75,960
512GB ¥112,992 ¥84,430 ¥90,000

iPhone 12 Pro Max(実質負担額)

iPhone 12
Pro Max
Docomo au SoftBank
128GB ¥95,040 ¥75,900 ¥75,960
256GB ¥104,016 ¥83,030 ¥83,160
512GB ¥121,968 ¥97,060 ¥97,200
ガジェ男
例年からいうとiPhone 12 Proが人気が高く、すぐに1ヶ月待ちなどになるでしょう!

【オンラインショップ限定】
事務手数料・頭金無料!

 

まとめ|買うならどれ?iPhone 12/mini/Pro/Pro Maxのオススメポイントと選び方

結局、『iPhone 12 mini』、『iPhone 12』『iPhone 12 Pro』『iPhone 12 Pro Max』買うならどれを買えば良いのか?

ここが気になっていると思います。

ガジェ男
選ぶポイントはディスプレイサイズとカメラの数です。

それぞれのモデルでオススメポイントをお話ししていきます。

iPhone 12 miniがオススメの人

  • 出来るだけ小さいサイズが良い
  • 片手で操作したい
  • 安く最新のiPhoneを利用したい

iPhone 12がオススメの人

  • そこそこ画面が大きい方が良い
  • 片手で操作したい(男性でギリギリのサイズ感)
  • 安く最新のiPhoneを利用したい

iPhone 12 Proがオススメの人

  • そこそこ画面が大きい方が良い
  • 片手で操作したい(男性でギリギリのサイズ感)
  • 望遠カメラが欲しい
  • 資金に余裕がある

iPhone 12 Pro Maxがオススメの人

  • とにかく画面が一番大きい方が良い
  • 両手操作でも大丈夫
  • 望遠カメラが欲しい
  • 資金に余裕がある
ガジェ男
それでも悩むという人は男性はiPhone 12、女性はiPhone 12 miniを選んでおけば、間違いありません!

早く手に入れたい方はオンラインショップで予約方法を予習しておいてくださいね。

【オンラインショップ限定】
事務手数料・頭金無料!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-iPhone
-

© 2020 ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】