\docomo withにiPhone 7が登場/

Docomoスペシャルキャンペーン  

POCKETALK(ポケトーク)

ポケトークの電波はどう?通信量も紹介|POCKETALK

投稿日:2018年4月10日 更新日:



ポケトークWの電波状況

 

こんにちは!

 

新型POCKETALK W(ポケトークW)を購入したけど、電波の状況が悪ければ宝の持ち腐れです。

購入しても電波状況が悪くて使い物にならなかったら意味がありませんよね?

 

ですが、安心してください。

僕が使っている限り、新型POCKETALK W(ポケトークW)の電波状況は全く問題ありません。

 

 

 

ただ、他の方の意見も気になるかと思いますので紹介させて頂きますね。

新型POCKETALK W(ポケトークW)の評判や口コミも含めて、通信量がどのくらいかかるかを紹介させて頂きます。

 

新型POCKETALK W(ポケトークW)のデータ通信量はどのくらいかかる?

 

まずは新型POCKETALK W(ポケトークW)データ通信量がどのくらいかかるのか。

そこから紹介させて頂きます。

 

海外でWiFiをレンタルして新型POCKETALK W(ポケトークW)で通信量消費したから、全く使えなくなった!

なんてことがあったらシャレになりません。

 

その為、新型POCKETALK W(ポケトークW)のデータ通信量は把握しておくべきところになります。

 

新型POCKETALK W(ポケトークW)のデータ通信量についてですが、1翻訳あたり約100KBの消費となります。(引用元:グローバルWiFiのよくある質問より)

これだけ見てもピント来ないかもしれません。

 

例えば『海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi』でWiFiを借りた場合、大容量プランを借りた場合、1日500MBまで利用することが可能です。

つまりKBに換算すると

1024KB(1MB) × 500MB= 512000KB

そして、1翻訳あたり約100KB消費するので

総容量512000KB ÷ 1翻訳100KB = 5120回分

となります。

 

つまり『海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi』でレンタルして、新型POCKETALK W(ポケトークW)で翻訳してデータ制限をかけるには『5120回分の翻訳をしなければいけない』ということなります。

 

僕自身は海外行った際にいくら多く見積もっても1日に100回の翻訳も行なっていません。

なので1MBあれば充分です。

 

その為、499MB他に使えるということになりますので安心して、新型POCKETALK W(ポケトークW)でガシガシ翻訳していただければと思います。

 

また、新型POCKETALK W(ポケトークW)には

  • POCKETALK W(ポケトーク W)グローバル通信なし(Wi-Fi接続が必須)
  • POCKETALK W(ポケトーク W)グローバル通信2年付き

の2種類があります。

 

グローバル通信の1日の容量上限が100MBなので『1024回分の翻訳ができる』ということになります。

1024回ほど翻訳できれば、充分新型POCKETALK W(ポケトークW)ライフを楽しめますね。

 

僕は「POCKETALK W グローバル通信2年付き」を使っています。

  • 新型POCKETALK W(ポケトークW)単体で使える
  • ポケットWi-Fiが必要ない

という点から「POCKETALK W グローバル通信2年付き」が安心ですね。

 

 

 

新型POCKETALK W(ポケトークW)の電波はどう?

続いて新型POCKETALK W(ポケトークW)の電波状況はどうなのか?

そういったところも気になると思います。

 

先ほどお話ししたように新型POCKETALK W(ポケトークW)は2種類あり、

  • POCKETALK W(ポケトーク W)グローバル通信なし
  • POCKETALK W(ポケトーク W)グローバル通信2年付き

があります。

 

WiFi経由の場合は使うWiFiの端末の通信状況に影響しますので、新型POCKETALK W(ポケトークW)自体は関係ありません。

海外行くときは『海外WiFiレンタルなら!イモトのWiFi』でレンタルしていますが、こちらだと特に問題はありませんね。

もちろん、あまりに田舎に行くと入らないところはありますが。

 

『POCKETALK W(ポケトーク W)グローバル通信2年付き』でSIM経由接続した時の電波状況はどうなのか?

が気になりますよね。

 

そもそも「POCKETALK W(ポケトーク W)グローバル通信2年付き」はe-SIMというのが内臓されています。

その専用のe-SIMは『SORACOM』が提供しているもの。

 

『SORACOM』については今とても注目されているSIMで、日本を含む世界中どこでも、このSIM一つでどこでも使えるSIMです。

 

僕は今まで

  • 福岡
  • 沖縄
  • タイ
  • ハワイ
  • 中国

で使いましたが、今まで全く問題ないですね。

 

評判や口コミはとても良くこのように話題になっています。

全く問題なく皆さん使えわれていますので気にするほどではないかと思います。

見ての通り、評判・口コミはいいですよね?

 

もし、どうしてもグローバル通信が不安ならWiFi接続にすれば問題ありません。

 

僕の場合は、新型POCKETALK W(ポケトークW)を持っていかないこと自体が不安になりますね笑

最後に

新型POCKETALK W(ポケトークW)は1回の翻訳の通信量がとても少ないので、1日中気にせず使えます。

また、グローバル通信付きは4GのLTEで電波状況も良好なので気にする必要はないと感じています。

 

新型POCKETALK W(ポケトークW)があれば、海外旅行が2倍3倍ではなく、10倍面白くなります!

海外行ったのに海外の人と交流したいですよね?

その言葉の壁を取ってくれるのが新型POCKETALK W(ポケトークW)です。

 

一度、新型POCKETALK W(ポケトークW)を手にとって見てはいかがでしょうか?

 

 

 

 

最期までありがとうございました。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
公式LINE@では当サイト限定のクーポンやiPhone・Androidの最新情報を紹介中!

友だち追加

-POCKETALK(ポケトーク)
-POCKETALK(ポケトーク), POCKETTALK W(ポケットトーク W), POCKETTALK(ポケットトーク), 新型POCKETALK W(ポケトークW), 翻訳機, 通訳機

Copyright© ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】 , 2019 AllRights Reserved.