POCKETALK(ポケトーク)

ポケトークの違いを徹底比較|POCKETALK S/S Plus/Wの3種類が発売中

ポケトークの違いを徹底比較|POCKETALK S/S Plus/Wの3種類が発売中

POCKETALK(ポケトーク)と言えば、翻訳機で一番人気といっても過言ではありません。

その理由は翻訳精度と使いやすさ。

ガジェ男
そんなPOCKETALK(ポケトーク)ですが、実は現在3種類のPOCKETALK(ポケトーク)が発売されています!

そのポケトークは

  • POCKETALK S
  • POCKETALK S Plus
  • POCKETALK W

の3種類。

どれがいいの?

と迷っている人へ、3種類のポケトークの違いを徹底比較します!

よく分からないから一番いいの教えて!

という人は一番スペックの高い『POCKETALK S Plus』を選んでおけば間違いありません。

 

\公式サイトなら更に10%ポイント還元/

ガジェ男
8月31日まで限定クーポン配布中!上記よりアクセスし購入画面で【pockew_1000_2008】を入力してください。

 

では詳しい説明をさせていただきますね。

翻訳機で1番人気のPOCKETALK(ポケトーク)

翻訳機で1番人気のPOCKETALK(ポケトーク)

POCKETALK(ポケトーク)はソースネクストという会社が発売しており、信頼性も高いです。

信頼性が高いことで航空会社や空港でも利用されています。

翻訳機どれが一番いいのかな?

と迷っている方はPOCKETALK(ポケトーク)にしておけば間違いないでしょう。

ガジェ男
もちろん、僕も使っています!

POCKETALK(ポケトーク)をオススメするポイント|3種類に共通すること

POCKETALK(ポケトーク)をオススメするポイント|3種類に共通すること

現在発売中のPOCKETALK(ポケトーク)は

  • POCKETALK S
  • POCKETALK S Plus
  • POCKETALK W

があります。

この3種類に共通するオススメのポイントは5つ。

  1. 多くの国、地域の翻訳が可能(55の言語で音声とテキスト、20言語でテキスト対応)
  2. AI(人工知能)搭載で長文の翻訳も得意
  3. オンライン翻訳機なので翻訳制度が高い
  4. 語学学習にも使える
  5. 翻訳機の中では長い歴史と信頼性

このことからPOCKETALK(ポケトーク)は翻訳機でおすすめと言えます。

ポケトークを徹底比較|POCKETALK S・POCKETALK S Plus・POCKETALK Wの違い

3種類の端末があるPOCKETALK(ポケトーク)。

ガジェ男
違いが気になるところですが、POCKETALK S Plusが多機能でハイスペックなのでPOCKETALK S Plusを選んでおけば間違いがありません。

 

\公式サイトなら更に10%ポイント還元/

ガジェ男
8月31日まで限定クーポン配布中!上記よりアクセスし購入画面で【pockew_1000_2008】を入力してください。

 

ではまず特徴的な部分を比較表にしてみましたのでご覧ください。

  ポケトークS Plus ポケトークS ポケトークW
製品画像 ポケトークS Plus ポケトークS ポケトークW
販売価格 31,800円(税抜) 29,800円(税抜) 19,800円(税抜)
対応言語数 55言語間の音声とテキスト、20言語のテキスト 55言語間の音声とテキスト、20言語のテキスト 55言語間の音声とテキスト、20言語のテキスト
基本機能 ・双方向翻訳
・133の国や地域で
使えるeSIM内蔵
・フレーズのお気に入り登録
・現地時刻表示
・ポケトーク
センター
・翻訳結果の
ローカル再生
・双方向翻訳
・133の国や地域で
使えるeSIM内蔵
・フレーズのお気に入り登録
・現地時刻表示
・ポケトーク
センター
・翻訳結果の
ローカル再生
・双方向翻訳
・133の国や地域で
使えるeSIM内蔵
・フレーズのお気に入り登録
・現地時刻表示
・ポケトーク
センター
・翻訳結果の
ローカル再生
その他機能 ・カメラ翻訳
・AI会話レッスン機能(英語、中国語)
・現地単位変換
・メダル獲得
・カメラ翻訳
・AI会話レッスン機能(英語、中国語)
・現地単位変換
・メダル獲得
・現地単位変換
・メダル獲得
カメラ翻訳
対応言語数
55言語 55言語 -
サイズ 幅65mm
高さ123mm
厚さ11mm
幅53.8mm
高さ91.6mm
厚さ11.5mm
幅59.8mm
高さ110mm
厚さ15.8mm
インチ 3.97インチ 2.8インチ 2.4インチ
重量 125g 75g 100g
バッテリー 1550mAh 1200mAh 2200mAh
連続待受時間 約72時間 約60時間 約240時間
連続翻訳時間 約330分 約270分 約420分
GPS 搭載 搭載 -

まずポケトークの位置付けは2つに分かれます。

  1. エントリーモデル(初心者向け)のポケトークW
  2. ハイエンドモデル(優れた商品)のポケトークS・S Plus
ガジェ男
ポケトークS・S Plusがハイエンドモデルといっても初心者でも利用しやすい設計になっています!

ポケトークで言えば『ハイエンドモデル=機能が多い』という認識で良いでしょう。

ポケトークW(エントリーモデル)でも翻訳機能、性能はポケトークS・S Plus(ハイエンドモデル)と変わりありません。

むしろバッテリーが長持ちで低価格な点から、あえて選ぶ人もいると思います。

ガジェ男
ポケトークS・S Plusと比べて、ボタンが2つあるのでポケトークWの方が個人的に使いやすく感じます。

 

新型POCETALK W(ポケトークW)の画面

 

一方、ポケトークS・S Plusはカメラで写した画像を翻訳することが可能。

これはかなり便利で使えます。

例えば

  • 外観で何のお店か分からないのときに文字をカメラで写し、翻訳できる
  • お店に入って写真がないメニュー表でもカメラで翻訳し、何の料理か分かる
  • お土産やスーパーに行った際に何の商品か、何が含まれているかなど確認できる

など、とても便利です。

ディスプレイもポケトークWに比べて大きいので、文字が見やすくなっています。

また語学学習をしたい方はAI会話レッスン機能(英語、中国語)を使い、英語や中国語を実用的に学ぶことができます。

ガジェ男
発音やリスニングの練習にもなるので語学学習をしたい人にもオススメです。

難点としてはポケトークSとポケトークS Plusの違いは大きさとバッテリーの利用時間です。

つまり迷っている人はポケトークS Plusしておけば間違いありません。

自分にあったポケトークの選び方|チェック表

ポケトークWはこんな方におすすめ

  • とにかく安く翻訳機を試してみたい
  • 出来るだけ長時間充電せずに利用できる翻訳機が良い
  • 出来るだけ操作が簡単なのが良い

ポケトークSはこんな方におすすめ

  • 出来るだけ小さく、軽い端末が良い
  • ディスプレイが大きい方がいい
  • カメラ翻訳が欲しい
  • 語学学習がしたい

ポケトークS Plusはこんな方におすすめ

  • ディスプレイが大きく、文字が見やすいものが良い
  • カメラ翻訳が欲しい
  • 語学学習がしたい
  • ポケトークSよりバッテリーを長く使いたい
ガジェ男
もし、どのポケトークにしようか迷っている人は『ポケトークS Plus』にしておけば間違いないでしょう。

 

\公式サイトなら更に10%ポイント還元/

ガジェ男
8月31日まで限定クーポン配布中!上記よりアクセスし購入画面で【pockew_1000_2008】を入力してください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

ポケトークはAmazonや楽天で買うな|価格.comはどう?

続きを見る

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-POCKETALK(ポケトーク)
-, , ,

© 2020 ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】