ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】

iPhoneやAndroidをはじめとした家電やガジェットをレビュー

iPhone

iPhoneが遅い・重い原因と改善|急に遅くなったのは意図的!

 

iPhone修理あいさぽ今、街に出るとほとんどの方がスマートフォンを使っています。

  • 歩いているとき
  • バス、電車に乗っているとき
  • 人を待っているとき
  • 暇な時
  • 支払いをするとき
  • 通販をするとき

など様々なシーンでスマートフォンが必要となっています。

 

今ではスマートフォンが欠かせないものとなってきており、持っていないと時代に遅れてしまうようになってしましました。

スマートフォンの中でも一番人気で何かと話題になるのが『iPhone』です。

 

僕もiPhoneXを利用しており、欠かせないものとなっています。

 

そんな人気のiPhoneですが、その一部のiPhoneで

  • 動作が遅い
  • 動作が重い

と話題になっています。

 

iPhoneが急に動作が遅い・重いとなったのはAppleが意図的に行なったと言われています。

詳しい原因や改善方法について紹介させていただきます。

iPhoneの動作を改善し、快適なiPhone Lifeを楽しみましょう。

 

iPhoneが急に遅い・重いと話題に

僕自身iPhoneXを利用する前はiPhone6を利用していました。

もちろん、普通に使えていましたが、ある時期から急に動作が遅くなったり、重くなったりすることが多くなりました。

時には急に固まったり。

  • iPhone6の電源を落として再起動する
  • 不要なアプリを削除
  • 裏で動いているアプリを消す

など行いましたがそれでも遅い・重い感じがありました。

そしてiPhone6が古いせいかと思い、iPhoneXに変えました。

 

同じようにiPhoneが遅い・重いと感じている人は多いようです。

僕と同じようにiPhoneが急に遅くなった・重くなったと思っている人は多いですね。

 

皆さんのツイートをみる限りiPhone6s以下の機種が概ね、重い・遅いということが多いようです。

そのため、iPhone7以上であれば比較的、動作は軽いかと思います。

 

ただ、中にはiPhone7でも動作が重い・遅いと言われている方もいます。

ではiPhoneが遅い・重い原因についてもう少し詳しく見てみましょう。

iPhoneが遅い・重い原因!実は意図的か?

iPhoneが遅い・重い原因はなんですしょうか?

中にはiPhone6でも普通に使えている人がいますね。

他にも同じような方がいらっしゃいました。

 

ということはiPhoneが遅い・重い原因はスペックの問題ではない可能性が高いですね。

そして最近、Appleが公式にiPhoneが遅い・重い原因について発表されました。

こちらがAppleが公式に発表された内容です。

2017年12月28日に発表された内容ですが、英語文でわかりませんね。

 

ではこの内容をGoogle翻訳で翻訳していました。

iPhoneバッテリーと性能についてのお客様へのメッセージ
私たちは、古いバッテリーを搭載したiPhoneのパフォーマンスを処理する方法と、そのプロセスをどのように伝えているかについて、お客様からのご意見をいただきました。私たちはあなたの中には、私たちはお詫び申し上げます。この問題について多くの誤解がありましたので、われわれは明確にし、私たちが行っているいくつかの変更についてお知らせしたいと思います。
何よりも、Apple製品の寿命を意図的に短縮するために何かを行うことは決してありません。また、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにユーザーエクスペリエンスを低下させることもありません。私たちの目標は、常に顧客が好む製品を作り、できるだけ長くiPhoneを最後にすることでした。
バッテリーの年齢
すべての充電式電池は、化学的に劣化し、充電を保持する能力が低下するにつれて効果が低下する消耗部品です。この化学的老化プロセスにおいて、電池が充電された時間および回数だけが要因ではない。
デバイスを使用すると、バッテリの寿命にも影響します。たとえば、高温の環境でバッテリを放置したり充電したりすると、バッテリの寿命がより長くなる可能性があります。これらは、業界全体のリチウムイオン電池に共通する電池化学の特性です。
化学的に老化したバッテリは、特に低充電状態でピークエネルギー負荷を供給する能力が低下し、デバイスが予期せずに状況によってはシャットダウンする可能性がある。
iPhoneの充電式電池とその性能に影響を与える要因について、お客様がより詳しく知ることができるよう、新しいサポート記事「iPhone Battery and Performance」を掲載しました。
突然の予期せぬシャットダウンは受け入れられないと考えていることは言うまでもありません。私たちは、ユーザーが電話を切ったり、写真を撮ったり、iPhoneの他の機能を妨げたりしないようにしたいと考えていません。
予期しないシャットダウンの防止
約1年前のiOS 10.2.1では、ピークワークロード時の電源管理を改善して、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、およびiPhone SEの予期しないシャットダウンを回避するソフトウェアアップデートを提供しました。このアップデートにより、iOSは、シャットダウンを防止するために必要なときに、一部のシステムコンポーネントの最大性能を動的に管理します。これらの変更は気付かないかもしれませんが、アプリの起動時間が長くなり、パフォーマンスが低下することがあります。
iOS 10.2.1へのお客様からのご返答は、予期せぬシャットダウンの発生を減少させることができたため、肯定的でした。私は最近、iOS 11.2でiPhone 7とiPhone 7 Plusのサポートを拡張しました。
もちろん、化学的に劣化した電池を新しいものに交換すると、標準状態で動作したときにiPhoneの性能は正常に戻ります。
最近のユーザーからのフィードバック
この秋になると、特定の状況でパフォーマンスが低下しているユーザーからのフィードバックを受け始めました。私たちの経験によれば、最初はこれは、iPhoneが新しいソフトウェアをインストールしてアプリをアップデートするときにオペレーティングシステムをアップグレードするときの通常の一時的なパフォーマンスの影響と、それ以降修正された初期リリースのマイナーなバグの2つの要因。
これらのユーザーエクスペリエンスに貢献してくれたのは、古いiPhone 6やiPhone 6のデバイスでも化学的に老化が継続していることです。
お客様の懸念に対処する
私たちは常に、顧客ができるだけ長くiPhoneを使用できるようにしていました。私たちは、Apple製品が耐久性と競合他社製品よりも長持ちすることで知られていることを誇りに思っています。
顧客の懸念に対処し、顧客の忠誠心を認識し、Appleの意向を疑った人の信頼を回復するために、我々は次のステップを踏むことにしました。
Appleは、iPhone 6以降のバッテリーを交換する必要があり、2018年12月までに世界中で利用可能となっているユーザーのために、保障外のiPhoneバッテリー交換代を$ 79から$ 29に引き下げている。  apple.com。
2018年の初めに、iOSソフトウェアのアップデートを発行して、ユーザーにiPhoneのバッテリーの状態をより詳細に表示できる新しい機能を提供します。その結果、自分の状態がパフォーマンスに影響しているかどうかを確認できます。
いつものように、私たちのチームは、パフォーマンスの管理方法の改善やバッテリーの劣化に伴う予期しないシャットダウンの回避など、ユーザーエクスペリエンスをさらに向上させる方法に取り組んでいます。
アップルでは、​​お客様からの信頼は私たちにとってすべてを意味します。私たちはそれを獲得し、維持するために働くことを決して止めません。私たちはあなたの信仰とサポートのために、私たちが愛する仕事をすることができます。そして、私たちはそれを決して忘れたり、それを忘れたりしません。
引用元:iPhoneバッテリーと性能についてのお客様へのメッセージ

こちらはAppleの謝罪文です。

 

まずは謝罪から内容は始まっています。

『Apple商品の寿命を意図的に短くしていることありません。』

寿命を意図的に短くしていないと明記していますね。

 

その上でこのように報告されています。

 

『バッテリーには寿命があり、様々な要因で寿命は短くなります。寿命が短くなったものは急にシャットダウンをすることがあります。』

と明記しています。

確かに急にシャットダウンをすることがありました。

 

『急に電源が落ちることがないようにiPhone6s以下はiOSの仕様変更をしました。それに伴いアプリの起動が遅くなったりします。』

なるほど。

ではiPhone6s以下の動作が重い・遅いことはApple社は理解しており、意図的にやったということになります。

 

そして今後Appleとしての対応は以下の通りです。

  • 2018年12月までバッテリー交換を3,200円で提供
  • 2018年初旬にバッテリーの状態を確認できるようにiOSをアップグレード

と言われています。

 

長くなったので内容をまとめると

  1. バッテリー劣化で電源が落ちる事がある
  2. iPhone6s以下はiOSの仕様変更
  3. iPhone6s以下は意図的に遅く、重くなる
  4. バッテリー交換を行なったらパフォーマンスが戻る
  5. バッテリーの劣化状態を分かるようにする

という事です。

 

iPhone6s以降にiOSの仕様変更を行なっておりますので、動作が重く・遅くなった原因はバッテリーの劣化ではなく、iOSの仕様変更が原因と言えるかと思います。

そのため、

新機種を購入させるためにiPhone6s以降の動作を遅く・重くした

と言われても仕方のない部分はありますね。

 

iPhoneが遅い・重い時の改善方法


それではiPhoneが遅い・重い時にどのよな改善方法があるのでしょうか?

 

まずはiPhoneが遅い・重い時の改善方法は、先ほどお話した通りバッテリーの交換でパフォーマンスが格段に変わる可能性があります。

実際に交換しれた方はその効果を実感されています。

 

現在iPhone6s以下のバッテリー交換が多くなっております。

必ず、予約されてアップルストアへ持ち込みしましょう。

それでも受付30分、バッテリー交換時間は3時間以上待つことを覚悟されてください。
Apple サポートへのお問い合わせ

 

キャリア利用の場合はバッテリー交換を即日対応されている場合もありますので各キャリアへお問い合わせください。

 

Appleストアが近くにない場合は配送対応になりますが、 最大5営業日かかり、その間の代替機もありません。

今スマートフォンがないとかなり不便なので得策とは言えません。

 

僕のオススメはiPhone修理あいさぽでのバッテリー交換です。

 

【iPhone修理あいさぽ】であれば

  • 様々な地域に店舗展開している
  • 安心と信頼の実績
  • 予約がすぐに取りやすい
  • 10分で電池交換完了

と良いことばかりです。

 

一つだけAppleストアに劣っているとしたら価格です。

Appleストアやdocomoなどのキャリアだと3200円ですが、iPhone修理あいさぽは5980円です。

 

Appleストアでバッテリー交換すると

  • 所要時間
  • 予約が取れにくい
  • 使えない時間が長い場合がある

などありますので『あいさぽ』でバッテリー交換も検討されてみてください。


【PR】iPhoneガラス割れ修理、即日最短60分!

 その他、iPhoneが遅い・重い時の改善方法は

  • 不要なアプリや写真などのデータを削除する
  • 初期化する
  • iOSをダウングレードする

など様々な改善方法があります。

 

ただ、これも根本解決にはならないので、応急処置でしかありません。

iPhone6s以下の端末を使われている方は、iPhone7以上にすることも検討されてみてください。

最後に

iPhoneが遅い・重い原因と改善方法について紹介させて頂きました。

今回のニュースは少し残念でしたが、やはりiPhoneを使わないという選択肢にはなりません。

 

僕自身iPhoneXを使っていますがほんとに快適です。

iPhone8かiPhoneXか迷っている人には間違いなく、iPhoneXをオススメしますよ笑

 

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
公式LINE@では当サイト限定のクーポンやiPhone・Androidの最新情報を紹介中!

友だち追加

-iPhone
-

Copyright© ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】 , 2019 All Rights Reserved.