ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】

iPhoneやAndroidをはじめとした家電やガジェットをレビュー

iPhone

iPhone SE 新型の発売日はいつ?スペックで防水機能搭載か!

 

こんにちは!

 

最近はやたらと大画面がしていますね。

現行のスマートフォンのほとんどはどんどん巨大化し、大画面になってきました。

iPhoneもその一つです。

 

大は小を兼ねるというように『大きければ基本的になんでもしやすい』です。

 

ただ、大きすぎると

  • 逆に使いづらい
  • 携帯性がない
  • ポケットに入らない
  • 重い

などデメリットもやはり出てきます。

 

そんな中、今の時代と少し逆行しているモデルがiPhone SEです。

そこ小さくて手軽のことから、実は根強いファンがいます。

 

そんなiPhone SEですが、ついに2019年に新型が登場するとリークや噂が流れ始めています。

今回はそのiPhone SE 新型の発売日はいつなのか?

スペックや機能で防水やApple payは搭載されるのかなど情報をまとめました。
ぜひご覧ください。

 

iPhone SE 新型2019の発売日はいつ?キャリア別に紹介

iPhone SE 新型2019の発売日が一番気になっているのではないかと思います。
僕自身かなり気になりますね。

やはり手軽にiPhoneを使いたいという人には本当にオススメのモデルなので。

 

ではiPhone SE 新型2019の発売日はいつなんでしょうか?

現在リーク情報をまとめると2018年の5月か6月に発売するのではないかという情報が濃厚です。

For the entry-level sector, Apple is preparing a new inexpensive smartphone similar to the iPhone SE for 2018, featuring the wireless charging functionality, but not 3D sensing. The smartphone will begin mass production in the second quarter with the official launch in May or June, Lin noted.
出典元:Digitimes

ですが、結局発売はしませんでしたね。

 

ただ、また新しい情報が入ってきました。

iPhone xxなるものを開発者向けのツールで発見したそうです。

更にこのようなツイートをしております。

iPhone xxと表記されているものは、A10チップを搭載しております。

A10チップはiPhone7で搭載されたチップです。

 

ということはiPhone SE 新型2018は9月に発売することが濃厚ということになります。

 

予約開始日や発売日をdocomo、au、softbankの各キャリア別にまとめると

  予約日(予想) 発売日(予想)
docomo 2018/9/14(金)
16:01〜
2018/9/21/(金)
au 2018/9/14(金)
16:01〜
2018/9/21/(金)
softbank 2018/9/14(金)
16:01〜
2018/9/21/(金)

と考えられます。

 

ただ、実際には発売されませんでした。

iPhone SE 新型が2019年に発売する可能性はあるのか?

2019年に発売されるとよされていたiPhone SE 新型でしたが、結局発売されていません。

 

では、気になるのが2019年にiPhone SE 新型が発売される可能性はあるのかどうかです。

 

  • 大手メディアサイト
  • リーク情報メディア
  • 当メディアの見解

から総合的に考えると、

「iPhone XRの販売不調により、新型iPhone SE2が発売する可能性は高まった。だが発売する可能性は20%程度」

です。

 

最近発売されたiPhoneは

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

で、全てホームボタンがありません。

 

そのため、ホームボタンがあり、安くなったiPhone8が在庫切れになるほど販売が好調です。

このことから考えると、iPhone8の後続モデルが発売される可能性の方が濃厚です。

 

iPhone XS・iPhone XS Maxの廉価版として扱われる可能性が高いので、iPhone SE2が発売される可能性は低いと考えています。

 

iPhone SE 新型を待つようであれば、iPhone8を購入しておけばスペック的にも間違いないでしょう。

【オンラインショップ限定】
事務手数料・頭金無料!

 

iPhone SEのデザインや大きさを復習

ここでは復習となりますので、すでにiPhone SEについて大丈夫ということあれば飛ばしてくださいね。

iPhone SEのデザイン

ではまず、iPhone SEのデザインについてです。

iPhone SEは4色展開ととなっており、

  • シルバー
  • ゴールド
  • スペースグレー
  • ローズゴールド

の4色展開となっております。

 

もともと3色展開だったのですが、iPhone SEの人気から新しい色で『ローズピンク』が仲間入りしました。

アルミニウムで作られているため、軽くてコンパクトいう特徴を持っています。

iPhone SEの特徴の一つですね。

大きさや重さ

iPhone SEは先ほどからお話ししているように時代の逆行を行っており、とてもコンパクトなものとなっております。

現行モデルのiPhoneであれば、最小サイズとなっており、とてもコンパクトです。

iPhone8とiPhoneXと比べるとこのような大きさです。

左からiPhoneX、iPhone8、iPhone SEになります。

見てもわかる通り、圧倒的に小さいです。

 

重さも113gとなっており、最軽量となっております。

iPhone SEのスペックや機能

続いてiPhone SEのスペックや機能についての紹介です。

iPhone SEは『iPhoneを使い始めたいエントリーモデル』という認識で良いかと思います。

 

特徴でいうと

  • 大きさが小さい
  • 重量が軽い
  • 値段が安い
  • 機能はそこそこ

というのが特徴です。

 

機能やスペックがそこそこということなので

  • A9チップでiPhoneの中では処理能力が一番低い
  • 画面の綺麗さはそこそこ
  • 3D Touchがついていない
  • 防水がついていない
  • 手ぶれ補正機能がついていない
  • Apple payがついていない

という形になります。

説明が必要そうな部分について簡単に説明させて頂きます。

3D Touchがついていない

3D Touchとは押す強さによって、動作が変わる機能です。

iPhone6sからは3D Touchが搭載されていますが、iPhone SEでは3D Touchが搭載されていません。

 

3D Touchを使いこなすことで

  • 操作のショートカット
  • 実際に開かずにプレビューで見れる

というような事ができるようになります。

特にプレビューで見れるという機能はLINEで既読を付けずに内容を閲覧するということも可能なるということです。

 

使ってみると大変便利です。

Apple payがついていない

Apple payはiPhone7より搭載されており、iPhone SEには搭載されていません。

例えば、SuicaやQUICPayなどをApple payを使い登録すると、財布や電子マネーを取り出さずにiPhone1つで改札を通れたり、支払いができるという機能です。

 

これも使うと手放せなくなります。

 

iPhone SEは

  • 大きさが小さい
  • 重量が軽い
  • 値段が安い
  • 機能はそこそこ

という部分に特化しており、『iPhoneを使い始めたいエントリーモデル』という方にはぴったりなので一度検討されてくださいね。

【オンラインショップ限定】
事務手数料・頭金無料!

 

  • ガンガン使いたい
  • 重いアプリを使う
  • 映像や画像にこだわりたい
  • 綺麗な写真がいい
  • 最新の機能を使いたい

という人にはiPhone SEは向きません。

 

その場合は、iPhone8とiPhoneX(10)も検討してみると良いかと思います。

iPhone8とiPhoneXの違い』の記事も書いておりますのでよければ、参考にされてください。

 

iPhone SE 新型2019のデザインや大きさ

ではiPhone SE 新型2019についてお話しさせて頂きます。

実はiPhone SE 新型2019は様々な呼び名が予想されています。

  • iPhoneX SE
  • iPhone SE2
  • iPhone SE 新型
  • iPhone SE 2019

などです。

 

よく名前として上がっているのは『iPhone SE2』という呼び名です。

ただ僕としては

  • 機能
  • 名前の由来

を考えると『iPhone SE 新型』『iPhone SE(第2世代)』という名称が近いのではないかと思っています。

名称は『iPhone SE』のままで新しい機能が搭載されるといういう認識です。

 

機能やスペックはあくまでiPhone8やiPhoneX(11)に劣るように作るはずなので、iPhone9やiPhone X SEなどになることはないはずですし、SEはスペシャルエディション、つまり特別仕様という訳なのでそれに2をつけるのもどうなのかと思います。

とここまで説明したところでデザインや大きさを紹介させて頂きます。

この画像はiPhone SE 新型2019と言われています。

ちなみに左のものになります。

 

全画面液晶という話も上がっております。

こちらがiPhone SE 新型2019のイメージ画像です。

iPhoneSEのサイズ感は残しつつ、iPhoneXに近づくようなデザインになると言われております。

 

その他のリーク情報ではiPhone SE 新型2019と噂されるモデルが、中国SNSサイトのWeiboに動画で投稿されています。

さらにSLASHLEAKSというリークサイトでもiPhone SE 新型2019のリーク画像が出ています。

どちらもデザインが異なりますのでどちらか一方が嘘、もしくはどちらも嘘の可能性もあります。

様々なリーク情報をまとめる限り、後の画像の方が信用性が高いですね。

 

そして接触充電可能にするために、背面は強化ガラスになると考えられています。

そこをまとめるとiPhone SE 新型2019の大きさと重さは

高さ 123.9 mm
58.7 mm
厚さ 7.7 mm
重量 123 g

のようになるかと予想されます。

高さや幅、厚さなどの大きさはiPhoneSEに比べて約0.1〜0.2mm大きくなり、背面ガラスやスペックの向上により、重さが10g程度重くなると予想できます。

 

ただ、先ほどお話しした通り、iPhone SEは『iPhoneを使い始めたいエントリーモデル』です。

値段を安くし気軽に持てるようにすることを考えると、全画面になる可能性、接触充電は作る可能性は少ないと考えています。

iPhone SE 新型2019のスペックや機能

iPhone SE 新型2019のリーク情報はたくさん流れています。

ただ、何度もいうようにiPhoneSEはiPhoneXやiPhone8に並ぶこと、上回ることはほぼありえません。

市場を食い合う可能性があるからです。

 

そのことより考えるとiPhone SEのスペックや機能は

  • A10 Fusionチップ
  • 光学式手ぶれ補正
  • クアッドLED
  • Apple pay
  • インカメラ700万画素

になるのではないかと思います。

 

iPhoneSEがA9チップだったことからiPhone SE 新型2019はA10になることにより、処理能力(頭脳)が約1.3倍になると考えられております。

 

そして

  • 光学式手ぶれ補正
  • クアッドLED
  • インカメラ700万画素

より綺麗で自然な写真や動画、画像閲覧等を楽しめるようになると考えられます。

 

Apple payも搭載されるからとても便利になるのではいかと思います。

ただ、一番気になるのはiPhone SE 新型2019に防水機能がつくかどうかだと思います。

 

現在確認する限りでは防水機能がiPhone SE 新型2019につくというリーク情報は確認できません。

もしiPhone SE 新型2019防水機能をつけようとするとiPhone SE 新型2019のデザインを1から見直す必要が出てきます。

 

あくまでもメインモデルはiPhoneXとiPhone8と考えると、iPhone SE 新型Vの開発費にそこまでお金をかけるとは考えにくいです。

情報が出ていないことも踏まえると『iPhone SE 新型2019で防水機能がつく可能性は低い』と考えられます。

 

そしてiPhone SE 新型2019の価格は41,800円ほどの値段になるのではないか思います。

 

ただ、2018年4月16日い発表された、ニュースメディア「The Street」によると

  • 全画面ディスプレイでホームボタン廃止
  • Face ID搭載
  • ヘッドフォンジャック廃止 (ライトニングケーブルのみ)

とされており、価格は700〜750ドルになると分析されています。(参考リンク:Forbes JAPAN)

 

日本円にすると75,000円〜80,000円ほど。

もしこのような形で発売されるのであれば、iPhoneXと市場を食い合い、エントリーモデルとしては高すぎるようにも思えます。

 

どちらにせよ、発売日まで楽しみです。

最後に

今回はiPhone SE 新型2019の発売日や予約日、機能やスペックについて紹介させて頂きました。

iPhone SE 新型2019は新しく出るiPhoneのエントリーモデルです。

  • 軽くて小さい方のが良い
  • とにかく安く持ちたい
  • 新機能は使わない
  • カメラ機能はそこそこで良い
  • 重いアプリやゲームは使わない

という方にはiPhone SE 新型2019はぴったりだと思います。

 

iPhone SE 新型2019の発売に期待して待ちましょう。

  • 画面が大きい方が良い
  • 新機能が欲しい
  • 防水機能が欲しい
  • カメラや画像などにこだわりたい
  • 重いアプリを使うのでサクサク使いたい
  • とにかく安心してつかえるやつ

ということであれば、iPhone SE 新型2019の新型ではなく、iPhone8とiPhoneX(iPhone10)がオススメです。

iPhone SE 新型2019の発売も、もうすぐかと思います。

いち早く手に入れたいようであれば、購入方法をオンラインショップで先に復習されておいてください。

1分注文が遅れるだけで、2週間先になった経験があります。

 

購入する際はオンラインショップから購入する方がお得となっておりますので、有効活用されてくださいね。

【オンラインショップ限定】
事務手数料・頭金無料!

 

オンラインショップのメリットについて知りたい方は『Docomo・au・softbankオンラインショップを利用すべき8つの理由』をご覧ください。

 

最後までありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-iPhone
-, , , ,

Copyright© ガジェット・家電・スマホのおすすめまとめ【ガジェスマ】 , 2019 All Rights Reserved.